ミノマイシンとは

ミノマイシンは多くの細菌感染阻止に有効な薬

細菌感染をした場合には、対症療法だけでは完治するのに時間がかかってしまいまいます。

 

 

最悪の場合、死に至ることもあります。

 

 

しかし、そんなときには抗生物質を使用することで早期に改善することができます。

 

 

ミノマイシンは、抗生物質の中でも多くの細菌感染に有効的なのです。

 

 

有効性が高い症状として、気管支炎、中耳炎、感染型食中毒など多くの細菌感染症状に有効なのです。

 

 

歴史の古い抗生物質ですが、ミノマイシンの系統の抗生物質でしか殺菌できない細菌もあるので現在も使用されています。

 

 

ミノマイシンの主な働きは、細菌を滅菌するということではなく、細菌が栄養とする人のたんぱく質と合成することを阻害して細菌の増殖を阻止するのです。

 

 

そのため、人の中に侵入した細菌を攻撃することではないため、人の細胞を攻撃することなく、細菌は寿命を迎え減少していき改善していくのです。

 

 

生物は、ホメオスタシスという元に戻ろうとする働きがあります。

 

 

悪くなったら悪くなったままということは、ありませんので細菌が体内に侵入してきても滅菌してなくても、細菌が減少してくるにつれて、元の健康な身体に戻ろうと働くのです。

 

 

正常な細胞を攻撃することなく、自分の力で健康を取り戻すのです。