ミノマイシン 効能

使い方や効能を知りたいミノマイシン

感染症などの方に処方される薬の一つとして、「ミノマイシン」という治療薬があります。

 

 

この薬の効能としては、タンパク質が合成するのを抑制するという働きがあるのですが、タンパク質が合成するのを抑制すると何に効果があるのか知っていますか?

 

 

実はタンパク質が増えてしまうと、細菌が成長してしまうのです。

 

 

細菌の成長にはタンパク質が必要となる、ならば細菌を減らすにはタンパク質を減らせばいい、ということになります。

 

 

感染症患者の方などには当然細菌が入り込んでいますから、少しでも症状を和らげ、これ以上の進行を防ぐためには、ミノマイシンの力が必要となります。

 

 

感染症といってもいろいろな部位への症状がありますが、この薬のいいところは幅広い細菌に効果があるという点でしょう。

 

 

耳や目、鼻や皮膚、呼吸器、腸管などはもちろんのこと、クラミジアなどの細菌にも効果があるのです。

 

 

大体1日当たりの摂取量は多くても200mgで、1〜2回で服用していきます。

 

 

大人が飲む場合と子供が飲む場合で、少し副作用が違ってくる場合もありますが、比較的利用しやすい治療薬のため、幅広い年代の方が利用できる治療薬なのではないでしょうか?

 

 

医師に相談して飲みましょう。