ミノマイシン 薬

医療にもミノマイシンは活躍中

抗生物質の中で、ミノマイシンは多くの細菌の増殖を抑える有効な薬です。

 

 

歴史は長く未だに、テトラサイクリンという中にある成分でしか、殺菌することのできない細菌があり病院で必要に応じて処方されます。

 

 

ミノマイシンの有効成分に塩酸ミノサイクリンという成分があり、主に細菌が増えた時に必要なタンパク質の合成を防ぎます。

 

 

身体に細菌が入ると細胞にとりつき、栄養を横取りして数を増やします。

 

 

この時タンパク質が、栄養として必要なのですが塩酸ミノサイクリンが働いて、タンパク質の合成を防ぐことができます。

 

 

数を増やすことの出来なくなった細胞は、次第に数を減らしていく仕組みです。

 

 

成長を防いで弱らせることを、静菌効果といいます。

 

 

細菌を直接攻撃すると、私達の体の細菌を攻撃するリスクがあり、これはがん治療に薬を投与するのと同じです。

 

 

それと違い、細菌を妨害して止める場合即効性は弱いが、安全性とのバランスが優れています。

 

 

気管支炎、リンパ管炎、感染型中毒症、腹膜炎、尿道炎、子宮内感染症、中耳炎、口内炎、歯肉炎等様々な症状に効果があり、このような症状の悪化を防ぐうえで重要な薬なのです。

 

 

グラム陰性、グラム陽性、クラミジア、リケッチアこの4つの細菌に対して、効果があると報告されています。