ミノマイシン ニキビ 効果

有名な抗生物質ミノマイシンとは

ミノマイシンは恐らく処方された経験がある方も非常に多いのではないでしょうか。

 

 

医療で広く使われている抗生物質で、抗生物質の中でも非常に多くの細菌に対して有効なお薬です。

 

 

こちらの抗生物質の有効成分は、塩酸ミノサイクリンで、最近が増える際に必要となるたんぱく質の合成を妨害する作用があります。

 

 

細菌は体内に入ると細胞にひっついて、そのまま細胞に必要な栄養であるタンパク質を摂り増殖します。

 

 

これを塩酸ミノサイクリンが妨害することで細菌の増殖を防ぎ数を減少させていくという効果があります。

 

 

細菌を攻撃する殺菌ではなく、最近の成長を妨害する静菌効果によって私たちの体への負担やリスクも少なく効果が現れるようになっています。

 

 

ミノマイシンには、グラム陽性菌、グラム陰性菌、クラミジアなどの細菌に特に効果が高いとされています。

 

 

にきびや気管支炎、中耳・外耳炎、感染型の食中毒、膀胱炎など様々な診療科で処方されます。

 

 

成人では100~200mgを小児の場合は2~4mgを1日に1,2回に分けて服用します。

 

 

ミノマイシンは、副作用としてめまいを起こす可能性もありますのでできれば服用後は運転や、機械作業などを行わないように心がけましょう。